top of page

マッスルコントロールを意識しましょう

マッスルコントロールとは筋肉の動き(筋肉の収縮)を意識する事です。力こぶを作ったり、胸をピクピク動かすのが例です。マッスルコントロールを修得すると筋トレの質がとても向上します。フォームばかりに気を取られ、マッスルコントロールを意識しないで動作を行なってもあまり効果がありません。マッスルコントロールを修得するために以下の練習を行ないましょう。

・筋トレの一つの動作を時間をかけて行う。

ダンベルカールの場合、ダンベルを上げる動作、下げる動作にそれぞれ3秒かけて行うと良いでしょう。動作中は上腕二頭筋を意識しましょう。

・日常生活の中で筋肉を動かす練習を行う。

体を全身脱力し、意識する筋肉のみ収縮してみましょう。

また、他の筋肉と比べ発達の遅い筋肉はマッスルコントロールができていない事が一つの原因として挙げられます。マッスルコントロールでトレーニングの質を上げ、効率よく筋肉を大きくしていきましょう!

閲覧数:44回

最新記事

すべて表示

トレーニング後の筋肉がつく過ごし方

こんにちは。#グローバル スタッフです。 今回はトレーニング後の筋肉がつく過ごし方についてお話ししていきます。 プロテイン(タンパク質)の摂取 筋トレ後は、まず「 プロテイン(タンパク質)を摂取すること」が大切です。なぜなら、筋肉の合成が活発に行われるタイミングは「トレーニングを終えたあと」であるため。筋トレ後30分以内にプロテイン(タンパク質)を摂取することで、筋力の向上・筋肉量の増加が期待で

bottom of page