頻度を上げる成果について

<筋トレトピック> 頻度を上げる成果 一日二回トレーニングするという考え方は、筋肉づくりのトレーニングの歴史と同じくらい古くからあります。だが、広く行われるようになったのは、なんといってもアーノルドの影響です。 各ワークアウト間の回復が確保できれば、一つのボディーパートのトレーニングを頻繁に行うほど、筋肥大の刺激をより早く伝えられ、筋肉の反応より短期間で起こることになります。 次に胸をトレーニングできるまで回復するのに、丸一日かかるほどハードにトレーニングするよりも、軽くトレーニングして、その三日後にハードにトレーニングするという形式のほうが効率よい。 一週間に二回、胸を鍛える日をつくることとなり、刺激を二倍与えることができます。ワークアウト間は6〜8時間あけ、睡眠を十分とることも重要だ。また、栄養補給も回復の重要な要素だ。 「マッスル&フィットネス 2012 6月号 引用」

<英文トピック> 私はその時までに、おなかがすくにちがいない。 ×I must be hungry by that time. “Must”is a modal verb,and modal verbs have no future tense form.So we must find another way to explain that something will be certain,or will be required, in the future.

○I’m sure I will be hungry by that time. [WEEKLY 6/9/2012 No.2055引用]

お問い合わせ095−849−1888 グローバル



0回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon