top of page

筋トレ用シューズを履くことで こんにちは。グローバルスタッフです。 今回は筋トレ用のシューズについてです。

皆さんは、ジムでトレーニングをしている際にどんな靴を履いていますか?

ランニングシューズや体育館シューズなどいろいろだと思います。

一度ジムにいるマッチョの靴に注目してみてください。

ジムにいる筋骨隆々の人たちの靴に注目してみると、底がフラットになっているものを履いている人が多い印象を受けます。

底がフラットになっているシューズを履くことでどんなメリットがあるのでしょうか。


実はトレーニングの動きをサポートするとともに、同じ動きでも筋肉負荷の効率を上げるというメリットがあります。

底がフラットなシューズであれば、しっかりと踏ん張れて安定感がでます。それによって身体にかかる負担が軽減され、怪我の防止が期待できます。また、パフォーマンスの向上も期待できます。

逆にランニングシューズのようなソールが柔らかい厚底のシューズを履いてしまうと、踏ん張る力がソールに吸収されてしまい、筋肉にうまく負荷が伝わらなくなってしまいます。また、それが原因で関節などを痛めてしまうことになりかねません。


シューズを選ぶ際のポイントとしては、底がフラットなタイプのもの、グリップ力が有りしっかりと踏ん張ることができるものを選ぶと良いです。好きなデザインのものにする事もトレーニングのモチベーションを上げることに繋がります。

筋トレ用シューズでトレーニングをしてみてはどうでしょうか。


閲覧数:19回

最新記事

すべて表示

トレーニング計画の立て方

こんにちは。グローバルスタッフです。 今回はトレーニング計画の立て方についてお話ししていきます。 画的な筋トレとは 逆に無計画な筋トレとはどういうものなのか?それはただやみくもに「よし、毎日腕立て伏せ腹筋背筋100回がんばるぞ!!」みたいな筋肉の発達のメカニズムを無視したやり方です。筋肉を発達させるためには 適切な負荷 適切な回数 適切なインターバル 適切な頻度 適切なセット数 この5つの"適切"

ダイエット初期の過ごし方

こんにちは。グローバルスタッフです。 今回はダイエット初期の過ごし方についてお話ししていきます。 目標設定 一般的にボディビル大会に出場するには、最終目標として体脂肪率を4~6%まで落とすことが必要です。 10%くらいまでは、比較的簡単に到達できます。しかし、そこからさらに5%まで落とすのはかなりの覚悟が必要です。 出場する大会日が決定したら、そこから逆算して「いつまでに体脂肪率◯%を達成する」な

Comments


bottom of page