top of page

筋トレを行うと、、、

<筋トレトピック>

筋トレを行うことにより、

様々なホルモンが脳や副腎といった内分泌器官から分泌されます。

副腎からはアドレナリン、脳からは成長ホルモンが分泌されます。

上記のホルモンの主な役割は、脂肪細胞の分解を促す酵素、ホルモン感受性リパーゼを活性化させることです。これらのホルモンは有酸素運動でも分泌されますが、分泌されるまでに時間がかかり更に分泌量の上昇もなだらかになります。

長時間の有酸素運動をすると、筋トレしてもアドレナリンや成長ホルモンの分泌が抑制されます。

なぜかというと、走っているうちに脂肪酸が血液中にたまりますと、筋トレを始める頃には十分な脂肪酸が血液中にある状態になります。そしたらもう分解はしなくてもいいと脳が判断してしまいます。

運動を行うときは、筋トレからはじめると効果的だと考えられます。


20131011-001916.jpg

20131011-001951.jpg
閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

トレーニング計画の立て方

こんにちは。グローバルスタッフです。 今回はトレーニング計画の立て方についてお話ししていきます。 画的な筋トレとは 逆に無計画な筋トレとはどういうものなのか?それはただやみくもに「よし、毎日腕立て伏せ腹筋背筋100回がんばるぞ!!」みたいな筋肉の発達のメカニズムを無視したやり方です。筋肉を発達させるためには 適切な負荷 適切な回数 適切なインターバル 適切な頻度 適切なセット数 この5つの"適切"

ダイエット初期の過ごし方

こんにちは。グローバルスタッフです。 今回はダイエット初期の過ごし方についてお話ししていきます。 目標設定 一般的にボディビル大会に出場するには、最終目標として体脂肪率を4~6%まで落とすことが必要です。 10%くらいまでは、比較的簡単に到達できます。しかし、そこからさらに5%まで落とすのはかなりの覚悟が必要です。 出場する大会日が決定したら、そこから逆算して「いつまでに体脂肪率◯%を達成する」な

Comentarios


bottom of page