top of page

筋トレと回数・重量の関係

筋トレには色々な方法があります。また、回数や重量の兼ね合いでトレーニング効果が変わってきます。

1回~5回で限界がくる重量だと最大筋力アップが期待できます。自身に対して高重量トレーニングになりますのでフォームを崩さないように意識して行いましょう。

6回~12回で限界がくる重量だと筋肉量アップや筋肥大が期待できます。身体を大きくしたい方にオススメです。

13回~20回で限界がくる重量だと筋持久力アップが期待できます。大きさではなく体が引き締めたい方にオススメです。

いつも同じことを行うのではなく、たまにトレーニング方法や重量・回数を変えることにより刺激が変わりトレーニングの停滞期を乗り越えることができたり、更なるレベルアップにつながります。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

トレーニング計画の立て方

こんにちは。グローバルスタッフです。 今回はトレーニング計画の立て方についてお話ししていきます。 画的な筋トレとは 逆に無計画な筋トレとはどういうものなのか?それはただやみくもに「よし、毎日腕立て伏せ腹筋背筋100回がんばるぞ!!」みたいな筋肉の発達のメカニズムを無視したやり方です。筋肉を発達させるためには 適切な負荷 適切な回数 適切なインターバル 適切な頻度 適切なセット数 この5つの"適切"

ダイエット初期の過ごし方

こんにちは。グローバルスタッフです。 今回はダイエット初期の過ごし方についてお話ししていきます。 目標設定 一般的にボディビル大会に出場するには、最終目標として体脂肪率を4~6%まで落とすことが必要です。 10%くらいまでは、比較的簡単に到達できます。しかし、そこからさらに5%まで落とすのはかなりの覚悟が必要です。 出場する大会日が決定したら、そこから逆算して「いつまでに体脂肪率◯%を達成する」な

Commentaires


bottom of page