top of page

懸垂について

<筋トレトピック> 懸垂について 動作中のポイントとしては、背中が丸まらないようにしっかり胸をはりましょう。背中が丸まってしまうと、背中に刺激が伝わりにくくなり、効率が悪くなってしまいます。また、動作中はできるだけ身体がぶれないようにしましょう。ぶれてしまうと刺激が分散され、効率が悪くなり、ケガのリスクも伴います。 効果としては、逆手で行う(ナローの場合)ことにより力こぶと背中を鍛えることができます。また、広げて(ワイドの場合)行うことにおより肩と背中を鍛えることができます。

<英文トピック> Even today,japan agriculture centres around the production of rice. 現在でも日本の農業の中心には米があります。

お問い合わせ095-849-1888 グローバル

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

トレーニング計画の立て方

こんにちは。グローバルスタッフです。 今回はトレーニング計画の立て方についてお話ししていきます。 画的な筋トレとは 逆に無計画な筋トレとはどういうものなのか?それはただやみくもに「よし、毎日腕立て伏せ腹筋背筋100回がんばるぞ!!」みたいな筋肉の発達のメカニズムを無視したやり方です。筋肉を発達させるためには 適切な負荷 適切な回数 適切なインターバル 適切な頻度 適切なセット数 この5つの"適切"

ダイエット初期の過ごし方

こんにちは。グローバルスタッフです。 今回はダイエット初期の過ごし方についてお話ししていきます。 目標設定 一般的にボディビル大会に出場するには、最終目標として体脂肪率を4~6%まで落とすことが必要です。 10%くらいまでは、比較的簡単に到達できます。しかし、そこからさらに5%まで落とすのはかなりの覚悟が必要です。 出場する大会日が決定したら、そこから逆算して「いつまでに体脂肪率◯%を達成する」な

Comments


bottom of page