top of page

リバウンドを避けるには

痩せようと思いダイエットを始めてみるも、筋肉まで脂肪と一緒に落してしまい、結果的に基礎代謝が下がり、リバウンドにつながるケースがよくあります。リバウンドを避けるには、筋肉をつけて、筋量を残したまま、脂肪を落とすことが重要です。その基本的なポイントとしては、

1.有酸素運動より、無酸素運動を中心にすること

2.短期間で体重を落とすのではなく、長期間かけてゆっくり体重を落としていくこと

3.食事の量を極端に減らさず、体重が落ちなくなってきたら、少し減らしてみること

があげられます。筋肉トレーニング、ダイエットに慣れてきたら、摂取する食物の三大栄養素の調整などの食事管理をしていくと良いでしょう。ストレスを溜めずにダイエットを行ないましょう!!

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

トレーニング計画の立て方

こんにちは。グローバルスタッフです。 今回はトレーニング計画の立て方についてお話ししていきます。 画的な筋トレとは 逆に無計画な筋トレとはどういうものなのか?それはただやみくもに「よし、毎日腕立て伏せ腹筋背筋100回がんばるぞ!!」みたいな筋肉の発達のメカニズムを無視したやり方です。筋肉を発達させるためには 適切な負荷 適切な回数 適切なインターバル 適切な頻度 適切なセット数 この5つの"適切"

ダイエット初期の過ごし方

こんにちは。グローバルスタッフです。 今回はダイエット初期の過ごし方についてお話ししていきます。 目標設定 一般的にボディビル大会に出場するには、最終目標として体脂肪率を4~6%まで落とすことが必要です。 10%くらいまでは、比較的簡単に到達できます。しかし、そこからさらに5%まで落とすのはかなりの覚悟が必要です。 出場する大会日が決定したら、そこから逆算して「いつまでに体脂肪率◯%を達成する」な

筋トレ用シューズを履くことで こんにちは。グローバルスタッフです。 今回は筋トレ用のシューズについてです。

皆さんは、ジムでトレーニングをしている際にどんな靴を履いていますか? ランニングシューズや体育館シューズなどいろいろだと思います。 一度ジムにいるマッチョの靴に注目してみてください。 ジムにいる筋骨隆々の人たちの靴に注目してみると、底がフラットになっているものを履いている人が多い印象を受けます。 底がフラットになっているシューズを履くことでどんなメリットがあるのでしょうか。 実はトレーニングの動き

Comments


bottom of page