top of page

ハムストリングを鍛えて、代謝UP&美脚を目指そう!


こんにちは。グローバルスタッフです。

今回はハムストリングスのトレーニングについてお話ししていきたいと思います。

ハムストリングとは?

ハムストリングとはふとももの裏にある筋肉、大腿二頭筋、半膜様筋を合わせた筋肉群の名称です。複数の筋肉の総称なのでハムストリングスと呼ぶこともあります。

特徴的な名前は、豚のもも肉でハムを作るときにそこの腱(ストリング)を使って吊るしていたことに由来します。

略して「ハム」とだけ言うこともあります。

ハムストリングを構成する三つの筋肉は全て股関節と膝関節を結ぶニ関節筋なので、どちらの動きにも影響してきます。

股関節へは大腿軸を中心に外側へ回旋(外旋)する動きや、その反対の内側へ回旋(内旋)する動きに大きく作用します。

分かりやすくいうと脚がガニ股、内股になる動きですね。

また膝の屈曲にも関係する筋肉なので、下半身の強さ、安定性にも直結します。

スポーツのパフォーマンスを左右するのはもちろん、日常生活の動きにも関わってくる重要な筋肉といえます。

鍛えるメリットを知ろう

筋トレを続けるためにはモチベーションを維持がとても重要です。

メリットを知ることで明確な目標が立てられます。

運動パフォーマンス向上

ハムストリングは膝や股関節を動かして下半身を曲げたり伸ばしたりする筋肉です。走ったり、ジャンプするときにその力を発揮するので運動全般に関係してきます。

鍛えることで瞬発力や持久力を向上させられます。

下半身の安定

動きのレベルを上げるだけでなくハムストリングを鍛えることで下半身を安定させることができ、止まる動作や止まっているときの安定感が増してふらつかない効率の良いトレーニングができるようになります。

動きのレベルと安定性が増せば運動時だけでなく階段の上り下りや物を持つ動作、家事など日常生活の動きも楽になります。

基礎代謝アップ

基礎代謝は筋肉量が増えればアップします。

何もしていなくてもエネルギーを消費するので太りにくい体づくりができます。

ハムストリングの筋肉は大きいので、そこを鍛えることは効率よく基礎代謝を上げることなります。

ヒップアップ、美脚効果

ハムストリングはお尻の筋肉である大臀筋をサポートする役割もあるのでハムストリングを鍛えることで大臀筋も鍛えることができ、脚は痩せてお尻は持ち上がります。

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

トレーニング後の筋肉がつく過ごし方

こんにちは。#グローバル スタッフです。 今回はトレーニング後の筋肉がつく過ごし方についてお話ししていきます。 プロテイン(タンパク質)の摂取 筋トレ後は、まず「 プロテイン(タンパク質)を摂取すること」が大切です。なぜなら、筋肉の合成が活発に行われるタイミングは「トレーニングを終えたあと」であるため。筋トレ後30分以内にプロテイン(タンパク質)を摂取することで、筋力の向上・筋肉量の増加が期待で

bottom of page