トレーニング時の注意点

回数にこだわりすぎてフォームが雑にならないようにしましょう。きつくなると、可動域が狭くなったり、動作が速くなったりチーティングを使いすぎたりします。

回数にこだわらずにどこに効かせているのか意識してフォーム重視でトレーニングを行いましょう。そして徐々に重量を増やしていきましょう。

極端なチーティングは、関節を痛める可能性が高いですので注意しましょう。

トレーニング前の栄養補給は重要ですが、直前に食事を摂ると消化不良の原因にもなりますので注意しましょう。

image
image
0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示