オーバートレーニング

トレーニング、運動を継続的に行い疲労が十分に回復しないままトレーニング、運動を行い慢性疲労状態になってしまうことをオーバートレーニング症候群ということがあります。

オーバートレーニングになるとやる気がおきなかったり、カラダが異常にだるくなったり免疫力が極度に低下して病気にもかかりやすいと言われています。

トレーニングもですがカラダづくりには栄養、休養も大切です。調子が悪かったり痛めている時は思い切って休息をとってみましょう。

0回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon